旦那をED・勃起不能にする妻の言葉|小さい・ふにゃふにゃ・包茎

男は意外といデリケートな生き物です。
妻の何気ない一言が「旦那を不能にする」という現実を知っておいてほしもんおです。
特に男性は心と身体が大きく影響し合っているのが性欲なんです。
とりわけ男性が気にするのがペニスに関することです。
若い思春期の男性は
「普通の人より自分のペニスは小さいんじゃない」
「自分大槐は包茎じゃないか?」
しきりに気をもんでいたのです。
たとえそれが結婚して自分のペニスが性生活になんら影響がないことがわかってもその不安は払しょくされないのです。
それはどうしてでしょうか?
男にはどうしても「巨根幻想」を持っています。
ペニスが大きければ大きいほど、女性を喜ばすことができると信じているのです。
そこに妻から「小さい」「包茎」「ふにゃふにゃ」とか言われたら男は凹んでしまうのです。
二度と達苗雄いれずに妻とのセックスもできなくなってしまうのです。

特に男は他の男と比べられることを極端に嫌います。
例えあなたが今の旦那さんが初めての男ではなくても前の男の話は厳禁なのです。
それがたとえ冗談であってもです。
こしたセックスでの行き違いからED(勃起不全・勃起障害)の遠因になっていることw妻は知っておきましょう。
また妻のほうからもペニスの大きさや持続時間がセックスにおいてさほど重要ではないことも教えてあげましょう。
それよりも前戯や後戯にもっと時間をかけて欲しいことを旦那にお願いするのです。
それに喜びを感じている妻を見ることは男性は興奮し、しいてはED(勃起不全・簿記障害)の改善委もなります。

20代の頃のセックスと40代50代のセックスではそのやり方やかける時間もは大きく変わってきます。
そのセックスのやり方の変化にうまく移行できたふっ府は良いのですが、うまく対応できなかった夫婦ほど旦那のEDに悩むものです。
旦那が立たないのがショック
そんな悩みを持つ妻には気を付けて欲しいことです。
ミナルギンDX お試し

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です